利用定員制限の解除と新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の変更について
 令和4年8月現在、施設の利用やイベントの開催にあたっては、全国的に規制緩和がなされ、京都府においても感染症対策を実施しているという条件のもとで、収容人数の制限や施設使用の制限が緩和されていることから、少年自然の家でも、国および京都府の方針に基づく感染症対策を実施したうえで、施設利用定員の制限を解除します。
定員制限の解除に伴い、次のとおり感染症対策を変更し、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に取り組んだうえで受け入れを行いますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

<利用定員>
 □ 感染対策を徹底したうえで、従来の利用定員まで受入れを行います。
    ・宿泊室 250名  
・プレイホール 300名 ・研修室 200名 
    ・クラフト室 70名 ・談話室 24名      ・食堂 210名

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策と御利用いただく皆さまへのお願いについては、こちら『新型コロナウイルス感染症拡大防止のための御利用にあたってのお願い(2022年9月~)』をご確認ください。

皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

京都府立るり渓少年自然の家は、自然の中で、集団宿泊生活を通じて心身ともに健全な少年の育成を図るために設置された社会教育施設です。
林間学校や学習合宿・クラブ合宿、企業研修等、幅広くご利用いただけます。
皆様のお越しをお待ちしております。
MENU
PAGE TOP