【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた取り組みと皆様へのお願いについて

 京都府立るり渓少年自然の家では、6月1日から利用の受け入れを再開いたしました。

 つきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下のとおり感染症の拡大防止対策に取り組みます。

<京都府立るり渓少年自然の家の取り組み>

〇 職員は日々検温を行い健康管理に努めるとともに、マスクの着用及び、必要に応じてフェイスシールドを着用のうえ勤務します。また、こまめな手洗いと消毒液による手指の消毒を行います。
〇 館内において、手すりやドアノブ、スイッチなど多くの人が手を触れられる箇所は、消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウム等で適宜消毒を行います。
〇 玄関ロビーや食堂入口、館内各洗面所等に手指の消毒用アルコールを設置します。
〇 玄関、廊下、食堂等の共有スペースは、可能な限り換気をします。
〇 石けん及び流水による手洗いの励行、咳やくしゃみの症状を呈する場合の咳エチケット(マスクの着用)等の掲示をします。
〇 受付カウンターなど、一定時間を対面で打合せをする場所には、飛沫感染防止シートを設置します。
〇 宿泊定員は180名程度とします。
〇 食堂の定員を100名程度にし、飛沫感染防止シートの設置及び間隔を空けた座席配置にします。
〇 食堂の利用時間については可能な限り時間を区切り、複数団体が多人数で混在しないように定めます。
〇 食堂内のテーブル等は団体入れ替え時に適宜消毒作業を行います。


また、御利用いただく際には、感染症拡大防止のため、次の事項について御協力いただきますようお願いいたします。

『新型コロナウイルス感染症拡大防止のための御利用のお願い(PDF)』


御理解と御協力をお願いします。


※今後の新型コロナウイルス感染状況により、対応を変更する場合があります。